高齢になればなるほど不妊になる可能性が高まる

看護師

婦人科の悩み

カウンセリング

女性の悩みはつきることがないです。大阪のクリニックにも、婦人科の悩みを抱えた女性がたくさん訪れます。生理不順や生理痛がひどい人などに処方されるピルは、服用することで自身の生理周期をコントロールすることが出来ます。

Read

葉酸とマカが大人気

看護師

妊活サプリと言えば葉酸とマカに人気があります。葉酸は胎児の健康な発育のために、マカは妊娠するための体作りに効果があります。基本的に栄養は食品から摂取することが必要ですが、食品から摂取するのは難しいこともあり妊活サプリを利用して取り入れることが大切です。

Read

体の中が老化

赤ちゃん

女性の社会進出

最近は、女性の社会進出が顕著になり、健康や若さに対して自信を持つようになっていると言われています。また、妊娠出産のタイムングを自分で選べるようになりました。仕事をがんばって、ある程度基盤を作ってから出産しようという人も増えています。結婚する年齢も30代になってから、出産する年齢も30代という人が多くなっています。女性の場合、出産する年齢が高くなる時には、高齢出産と呼ばれています。しかし、高齢出産を望んでいるカップルの中には、出産の前提である受精まで結びつかないカップルもたくさん出てきます。これを不妊と呼んでいますが、女性が高齢になればなるほどこの不妊の割合は多くなっています。男性女性とその原因は持っていますが、近年では女性が、高齢のための不妊も多くなっています。

晩婚化がもたらすもの

外見が若く見えても子宮や卵巣は年相応に老化します。そのため不妊に悩む高齢のカップルの中には、自然受精が無理だとわかると不妊治療を行う人たちもいます。晩婚化により結婚が遅かったために、女性が妊娠できる期間が限られているためです。近年は、不妊科外来などを專門に行なっている医療機関も増えています。不妊科外来では、女性だけでなくパートナーの検査も行ないます。そして、原因をつきとめて、原因に応じた治療を進めていきます。また、不妊科外来と産婦人科を併設している医療機関がほとんどです。なので、不妊治療によって妊娠ができた場合には、不妊科外来から産婦人科へ転科することが一般的です。長い期間、通院することになるので、安心して通院できるところを選択しましょう。