高齢になればなるほど不妊になる可能性が高まる

医者

婦人科の悩み

カウンセリング

女性特有の悩み

女性特有の悩みといえば、様々なことがありますが、それに対応したクリニックがかなり多くなってきています。大阪においても、婦人科のクリニックは増えていますし、大阪に住んでいる人だけではなく近隣の県などからも来る人が多いです。主な悩みは、不妊治療や若くで妊娠してしまった、など様々です。もちろん大阪だけではありませんが、予想外に妊娠してしまう子供たちもまだまだ少なくありません。それに加えて、生理不順などで体調がすぐれないなど、女性特有の悩みはつきないのです。そんな時に利用されるのがピルです。ピルとは簡単にいえば飲んでいる時は生理が止まり、生理周期を一時的にコントロールすることが可能です。大阪の多くの婦人科のクリニックでも処方してもらうことが可能です。

その用途と副作用は

ピルがなぜそのような効果があるかというと、ピルを飲むことによって妊娠していると体が勘違いする効果があるのです。そのため、その間は排卵が止まり、飲むのをやめると生理がおこるのです。ピルを飲むと生理不順がある人でも正常に生理がくるようになりますし、いつ来るのかということを予測することが可能です。ただし、飲み始めたところであれば、吐き気があったり妊娠したと勘違いするため体に脂肪がつきやすくなったりする副作用があります。これにより生理痛が緩和されることもあるといいます。生理の症状が日常生活に支障をきたしているという方は、婦人科でピルを処方してもらえるよう相談すると良いでしょう。